【インターン生の取り組み】CEATECについて

こんにちは!
新規開発部、CEATEC担当の遠藤です。

今回は私が担当しているCEATECについて説明したいと思います。

(1)CEATECとは?

まず最初にCEATECとは、10月4-7日、幕張メッセで行われる、10万人以上の来場者を誇る大規模な展示会です。

従来、最新家電の披露会として好評を博していましたが、現在ではIoTやCyber Physical Systemを活用した、新たなライフスタイルや社会を提示する展示会となっています。

今年のCEATECではIoTによる情報収集・サイバー空間でデータ分析を行い、そこで創出した情報によって産業の活性化や社会問題の解決を図ることができる社会の実現(Cyber Physical System=CPS)を掲げ、新しいライフスタイル・社会を見せることで、消費者の活気を取り戻し、新しい世界観を作り出したいと思っています。

(2)なぜCEATECに出展するのか?

私達は現在、起業家やエンジニアの事業成功のため、必要な資源と資金を提供するプラットフォームとして CEATEC JAPANへの参加を計画しています。

(3) IBACコンソーシアムについて

弊社ではCyber Physical Tokyo 2020という計画のもと、「まちづくりIoT」をテーマに、スマートシティ分野のCPS/IoTベンチャー企業のさらなる活性化と事業拡大を目指し当該事業分野の人材育成、企業間のエコシステム形成を行っています。

このプロジェクトを実現するためのプラットフォームとしてIBACコンソーシアムを設立し、国内外で開催されるイベントを通してこのプロジェクトを推進しています。
具体的には大学や研究機関と連携しての研究、企業間連携やプロジェクトの組成、海外との連携(シンガポール)、品川・田町エリアでIoTまちづくり、ものづくり企業を盛り上げるタウンマネジメントを行っています。
 
(4)CEATEC キックオフイベント

9月15日にTech Shop TOKYOでキックオフイベントを開催します。このイベントはCyber Physical Tokyo 2020プロジェクトに興味をお持ちの企業同士で交流を図ることが目的です。

5)出展メリット

CEATEC出展のメリットは
・イベント内でのブース提供
・セミナー登壇
を通じ、大規模なイベントで自社のアピールができることです。
また開催日には100を超えるコンファレンスを聴講することもできます。

Cyber Physical Tokyo2020プロジェクト実現のため、ぜひ皆様と力を合わせて活動していきたいと思っています。
つながる社会、共創する未来への実現への一歩を是非一緒に踏み出しましょう。
皆様のCEATECH JAPANへの参加をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA